侯爵鍋島直大名刺 こうしゃくなべしまなおひろめいし

その他の画像全2枚中2枚表示

明治 

鍋島直大 (1846~1921)
なべしまなおひろ
明治時代後期~大正時代
紙本印刷・墨書
縦13.6cm 横8.0cm
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

「侯爵 鍋島直大」と印字された名刺の表面・裏面の空白部分に直大の筆により30以上の所属団体・学会などが書き込まれている。華族による雅楽グループ絲竹会(しちくかい)に属し、明治39年(1906)発足の日本歌道奨励会の会長など、音楽や詩歌の分野では公務や御一家での嗜みにとどまらず社会活動にも精力的だった。歌道奨励会は「初度大会を永田丁邸にて催せり」(直大自筆の回顧録「復暦本書」)として永田町鍋島邸で初回大会が開かれており、自ら編集した和歌集「松風集」には「歌道奨励会発会式に」の詠題で「神代より世につたはれることのはの 道もいよいよ広くなるらむ」の詠歌が収録されている。

作品所在地の地図

関連リンク

侯爵鍋島直大名刺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松風集
松風集

鍋島直大編・鍋島直映跋

鍋島栄子像
鍋島栄子像

高木背水

琵琶  銘 宮島
徴古館開館式式辞
鍋島直大和歌書
鍋島直大和歌書

鍋島直大

ページトップへ