毛利元徳肖像画 もうりもとのりしょうぞうが

日本画 / 明治 

紙本・着色・掛幅
本紙縦97.7、横32.4(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

幕末維新期の長州藩(萩藩)の世子で、山口藩知事をつとめた毛利元徳を描いたもの。毛利元徳(1839~1896)は支藩徳山藩主毛利広鎮の10男で、のちに長州藩主毛利敬親の養子となった。藩世子として敬親を支えたが、禁門の変により官位を奪われる。王政復古の大号令により官位復旧し、明治2年(1869)に家督相続、山口藩知事となる。その後は第15国立銀行頭取、貴族院議員などを歴任した。

作品所在地の地図

関連リンク

毛利元徳肖像画チェックした作品をもとに関連する作品を探す

毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

村田清風肖像画
東都桜田長州屋敷図
旧萩藩明倫館之図
ページトップへ