毛利敬親肖像画 もうりたかちかしょうぞうが

日本画 

絹本・墨画・額
本紙縦39.4、横34.8(cm)
1面
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)最後の藩主をつとめた毛利敬親を描いたもの。毛利敬親(1819~1871)は13代藩主として、幕末維新の激動期、藩財政の再建や藩士教育に力を注いだ。元治元年(1864)禁門の変により官位・称号を奪われるが、慶応3年(1867)王政復古の大号令が発せられたあと官位復旧した。明治2年(1869)に家督を世子元徳に譲るまでの32年間、藩主の座にあった。

作品所在地の地図

関連リンク

毛利敬親肖像画チェックした作品をもとに関連する作品を探す

毛利元徳肖像画
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

村田清風肖像画
高杉晋作肖像画
旧萩藩明倫館之図
ページトップへ