蒸気車模型 興丸号 じょうきしゃもけい おきまるごう

その他 

19世紀
鉄・真鍮
全高18.4、全長33.5、全幅9.2(cm)
1台
山口県萩市大字堀内355番地
近藤家寄贈
萩博物館

国内で現存が確認される幕末の蒸気機関車模型4台のうちの1台。長州藩(萩藩)の13代藩主毛利敬親の孫興丸(のちの毛利元昭)から、その守役近藤政信に下賜されたと伝えられる。その伝来から、後年「興丸号」と称されるようになった。1850年代の蒸気車模型は西欧諸国でも現存数が少ないといわれ、科学技術史上、貴重な資料である。万延元年(1860)長州藩の科学者中嶋治平が長崎で蒸気車模型を購入し、藩主へ献上、翌年萩城内の馬場で走らせ、藩主の公覧に供したという資料も残っている。

作品所在地の地図

関連リンク

蒸気車模型 興丸号チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ホトガラヒーノ説
毛利元徳肖像画
毛利敬親肖像画
豆州・相州・武州・上総・下総・房州海陸御固御役人附
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

ページトップへ