ホトガラヒーノ説 ほとがらひーのせつ

その他の画像全13枚中13枚表示

文書・書籍 / 江戸 

中嶋治平 (1823~1866)
なかしまじへい
万延元年/1860年
紙本・墨書・和綴
本紙縦24.3、横16.8(cm)
11丁
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)の代表的な科学者中嶋治平が長崎滞在中の万延元年(1860)オランダ語の書物を翻訳したとみられるもの。幕末に移入された湿板写真についての解説書で、日本では最初期のものとされる。現在のフィルムにあたるガラス湿板やコロジオンなど薬品の作り方を説明し、またカメラやレンズ、三脚、暗室など撮影器材に関しても図入りで紹介する。治平は朝鮮通詞の家に生まれ、語学の勉強のため安政3年(1586)から3年間長崎へ遊学した。写真以外にも製鉄・蒸気機関・ガラス・医薬・染色ほか様々な科学知識を修得して藩に実用化を意見し、うちいくつかは実現した。

作品所在地の地図

関連リンク

ホトガラヒーノ説チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蒸気車模型 興丸号
湿板カメラ
恵美須ヶ鼻造船所跡
鍋島直正肖像写真(安政六年)
治痘新局
治痘新局

久坂玄機

ページトップへ