羽賀台習練御備附 はがのだいしゅうれんおそなえつけ

文書・書籍 / 江戸 / 山口県 

山口県
天保14年/1843年
紙本・墨書・掛幅
本紙縦161.5、横107.4(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)の羽賀台大操練に参加した藩士の行列を書きつらねたもの。この大操練は、アヘン戦争の情報に危機感を抱いた長州藩が、天保14年(1843)4月1日、萩城下東郊外の羽賀台とよばれる広大な台地上で藩主列席のもと行われたもので、天保閲兵とも称される。中央寄り下側に藩主の「御馬」を大きく書き、そのほか演習時の役目を主にして傍らに人名が添えられている。参加人数は約1万4千人(約3万5千人とも)といわれ、この藩を挙げての大軍事演習により、藩士の士気が大いにあがったという。

作品所在地の地図

関連リンク

羽賀台習練御備附チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村田清風肖像画
羽賀台大演習陣中規則
旧萩藩明倫館之図
相南三浦郡上宮田長藩陣営之図
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

ページトップへ