楠木正成墓碑銘拓本 くすのきまさしげぼひめいたくほん

その他 / 兵庫県 

兵庫県
紙本・拓本・掛幅
本紙縦101.5、横28.0(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

神戸の湊川にある楠木正成の墓碑銘を拓本にとったもの。銘は水戸藩主徳川光圀が「嗚呼忠臣楠氏之墓」と揮毫したもので、幕末、この墓碑は尊攘思想を抱く者の精神的な拠り所となった。長州藩(萩藩)は安政5年(1858)以降、幕府から兵庫沿岸防備を命じられる。この拓本は、兵庫へ出張した藩士が藩へ持ち帰ったもののひとつとみられる。吉田松陰もここへ詣で、これと同じ拓本を購入している。

作品所在地の地図

関連リンク

楠木正成墓碑銘拓本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠木正成墓碑
相南三浦郡上宮田長藩陣営之図
羽賀台習練御備附
吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

毛利元徳肖像画
ページトップへ