小幡高政自賛肖像画 おばたたかまさじさんしょうぞうが

日本画 / 明治 / 山口県 

山口県
明治31年11月/1898年
絹本・着色・掛幅
本紙縦80.5、横36.0(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

「萩の夏みかん栽培の父」と称される小幡高政を描いたもの。小幡が82歳の時、自ら賛を入れている。小幡高政(1817~1906)は、幕末には長州藩の江戸留守居役など要職を歴任した。明治維新後は地方官をつとめたが、辞職し帰郷する。明治9年(1876)士族救済のため耐久社を設立し、夏橙栽培を奨励して産業化に成功する。第百十国立銀行の創立にも加わり、二代頭取となった。

作品所在地の地図

関連リンク

小幡高政自賛肖像画チェックした作品をもとに関連する作品を探す

毛利元徳肖像画
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

村田清風肖像画
七卿落図
七卿落図

沢宣嘉

長井雅楽肖像画
長井雅楽肖像画

橋爪堆恩

ページトップへ