長州維新志士寄書き入り火鉢 ちょうしゅういしんししよせがきいりひばち

その他 / 明治 / 山口県 

木戸孝允・杉孫七郎・野村靖ほか (1833~1877(木戸))
きどたかよし・すぎまごしちろう・のむらやすし
山口県
明治3年5月14日/1870年
陶製火鉢・墨書
内径24.3、高さ18.5(cm)
1口
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

木戸孝允や杉孫七郎、野村靖ら長州出身者7人が寄せ書きした火鉢。「松菊作石」とあることから木戸は岩を描いたことがわかる。向かって右側に竹を書いたのは杉。箱書きには「長州維新前山口某家、当時諸名士密会所に於て、記念の楽書瓶掛火鉢」と記される。また「庚午竹酔後一日」という年記から、明治3年5月14日に会合があったことがわかる。上記のほかに書を寄せたのは、小幡高政・大津四郎右衛門・奥平数馬・宍戸璣。

作品所在地の地図

関連リンク

長州維新志士寄書き入り火鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

大日本海陸軍一覧
木戸孝允詩書
木戸孝允詩書

木戸孝允

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

ページトップへ