木戸孝允詩書 きどたかよしししょ

 / 明治 

木戸孝允 (1833~1877)
きどたかよし
明治元年/1868年
絹本・墨書・掛幅
本紙縦125.3、横38.4(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
楢﨑家寄贈
萩博物館

木戸孝允が維新の成就に感慨を込めて作った古詩。「大政一新の歳に憾有り」との題がつけられている。詩中には「志を慕うの師友、骨半ば朽つ」とあり、失った師や同志のことを悼む気持ちがよく表れている。この長編詩自体は明治元年(1868)8月の作で、木戸の詩中もっとも有名なものとされる。

作品所在地の地図

関連リンク

木戸孝允詩書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

手塚律蔵書簡
手塚律蔵書簡

手塚律蔵

教導立志基 木戸孝允夫人松子
ページトップへ