Maebaraiseishisho

前原一誠詩書

Details

Maebaraiseishisho

前原一誠詩書

/ 明治 / 日本

前原一誠 (1834~1876)

まえばらいっせい

明治時代

紙本・墨書・掛幅

本紙縦114.0、横28.6(cm)

1幅

山口県萩市大字堀内355番地

萩博物館

前原一誠が書した七言絶句の漢詩。落款に「黙宇」(もくう)とあるのは前原の号。原詩は、妻木忠太著『前原一誠伝』に「戊越作」として20篇収録されたものの一つで、字句に若干異同がある。前原が戊辰戦争で北越の陣中にあった明治元年(1868)、遠く離れた故郷を思い作ったもので、この筆跡自体は後年になって揮毫したものと推測される。内容は、色々と入り乱れて歳月が流れてきたが、ふるさとの風景はきっと物寂しいことだろうというもの。

Search by Maebaraiseishisho

Search by 前原一誠

Search by 萩博物館

Keywords

絶句 / / 七言 / Ink

Related Works

Search items related to work chosen