文武伝 前原一角 ぶんぶでん まえばらいっかく

木版画 / 明治 

鈴木年基
すずきとしもと
明治10年/1877
大判錦絵
縦36.2、横24.3(cm)
1枚
山口県萩市大字堀内355番地
田中家寄贈(田中助一コレクション)
萩博物館

西南戦争で戦う架空の人物前原一角を描いた錦絵。一角は前原一誠の末弟という設定で、西南戦争を題材にしたほかの錦絵にもしばしば登場する。図中の説明によれば、萩の乱で兄が倒れた後、一角は薩摩に逃れ、兄の宿志を遂げようとし、西郷隆盛の決起に応じた。3尺あまり(約1m)の豪刀をふるい、陣頭に進んで大声で「前原一誠が弟一角は我なり」と言い放ち、大勢の敵を斬殺。「実に西南無比の猛勇と謂べし」と評するが、すべて虚構である。

作品所在地の地図

関連リンク

文武伝 前原一角チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明治小史年間紀事 兇賊暴動萩大戦之図
萩一戦録
萩一戦録

早川松山

前原一誠詩書
前原一誠詩書

前原一誠

前原一誠檄文草稿
薩州鹿児嶋大進撃之図
ページトップへ