西郷隆盛首実検之図 さいごうたかもりくびじっけんのず

木版画 / 明治 / 東京都 

山崎年信 (1857~1886)
やまざきとしのぶ
東京都
明治10年/1877年
大判錦絵
縦34.5、横70.2(cm)
3枚続
山口県萩市大字堀内355番地
浦上家寄贈
萩博物館

西郷隆盛の首実検を行う場面を描いた錦絵。明治10年(1877)9月24日、山県有朋の指揮する政府軍は、鹿児島の城山に立てこもった西郷隆盛を完全包囲し、総攻撃を行う。西郷をはじめ、桐野利秋・村田新八ら160名が戦死し、ここに7ヵ月間におよぶ近代日本最大の反乱、西南戦争が終わった。政府軍の間では当初、自刃した西郷の首が発見されなかったため、脱出したのではないかとの噂が流れた。しかし、のちに山県以下の政府軍の諸将は西郷の遺体と首を実検し、山県はしばらくその霊に黙祷をささげたといわれる。

作品所在地の地図

関連リンク

西郷隆盛首実検之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

薩州鹿児嶋大進撃之図
萩一戦録
萩一戦録

早川松山

大日本海陸軍一覧
文武伝 前原一角
文武伝 前原一角

鈴木年基

明治小史年間紀事 兇賊暴動萩大戦之図
ページトップへ