毛理嶋山官軍大勝利之図 もうりしまやまかんぐんだいしょうりのず

木版画 / 明治 / 東京都 

照皇斎国広
しょうこうさいくにひろ
慶応4年(明治元年)/1868年
大判錦絵
縦37.0、横148.0(cm)
6枚続
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

鳥羽・伏見戦争に勝った「官軍」(新政府軍)を描く錦絵。「毛理嶋山」の「毛理」は毛利(長州)、「嶋」は島津(薩摩)、「山」は山内(土佐)を指す。前将軍徳川慶喜は慶応4年元旦、薩摩藩が幼い明治天皇を操り、江戸で乱暴を働いたとして「討薩の表」を発した。正月2日、旧幕府軍は大坂城を発し京都を目指す。翌日、薩摩軍の砲声を合図とするかのように鳥羽・伏見の両所で開戦、「官軍」は旧幕府軍を淀まで退却させた。

作品所在地の地図

関連リンク

毛理嶋山官軍大勝利之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山崎大合戦
御制札之写
菊花紋官軍指揮旗
奥州会津辺大合戦
周防大嶋郡大合戦
ページトップへ