菊花紋官軍指揮旗 きっかもんかんぐんしきき

その他 / 明治 / 山口県 

山口県
慶応4年(明治元年)/1868年
縦51.5、横53.5(cm)
1旒
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)出身で戊辰戦争に活躍した楢崎頼三所用の官軍指揮旗。慶応4年(1868)正月の鳥羽伏見戦争後、朝廷は徳川慶喜追討令を発し、官軍旗には菊花紋が用いられることになった。史料によれば、楢崎は同年3月に本陣に召し出され、「菊の御紋御旗」を下賜されていることが判明する。楢崎は戊辰戦争において、第一大隊二番中隊司令として関東・東北各地を転戦した。

作品所在地の地図

関連リンク

菊花紋官軍指揮旗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

戊辰戦争忠勇士の図
有栖川宮外菊花紋官軍指揮旗題字
有栖川宮外菊花紋官軍指揮旗題字

有栖川宮熾仁、三条実美、毛利元徳

山田顕義菊花紋官軍指揮旗由来記
毛理嶋山官軍大勝利之図
御制札之写
ページトップへ