山田顕義菊花紋官軍指揮旗由来記 やまだあきよしきっかもんかんぐんしききゆらいき

 / 明治 

山田顕義 (1844~1892)
やまだあきよし
明治18年2月/1885年
絹本・墨書・掛幅
本紙縦127.0、横32.8cm
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

山田顕義が明治18年(1885)2月、楢崎家の求めに応じて執筆したもの。長州藩士で戊辰戦争に活躍した楢崎頼三所用の旗に関する由来を述べる。冒頭に、この旗は戊辰の役で亡友の頼三が所用した軍旗であると述べ、以下頼三の略伝を記す。山田は頼三より一歳年長という間柄で、この文面から二人の親交の深さがうかがえる。

作品所在地の地図

関連リンク

山田顕義菊花紋官軍指揮旗由来記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有栖川宮外菊花紋官軍指揮旗題字
有栖川宮外菊花紋官軍指揮旗題字

有栖川宮熾仁、三条実美、毛利元徳

菊花紋官軍指揮旗
山田顕義書簡
山田顕義書簡

山田顕義

戊辰戦争忠勇士の図
山田顕義書簡
山田顕義書簡

山田顕義

ページトップへ