山田顕義書簡 やまだあきよししょかん

文書・書籍 / 明治 / 東京都 

山田顕義 (1844~1892)
やまあだきよし
東京都
明治12年4月23日/1879年
紙本・墨書・巻子
本紙縦18.0、横66.7(cm)
1巻
山口県萩市大字堀内355番地
杉家寄贈
萩博物館

東京在住の山田顕義が群馬県令をつとめる楫取素彦に送った書簡。この当時、山田は司法大輔の重職にあったが、自分の別荘付近に製糸場を建設する計画を立てていた。その参考のため、山田はこの書簡で、楫取が群馬県内の関根製糸場の創業に携わった際、建築費そのほか、どれくらいの費用がかかったかを問い合わせている。また費用明細書を見せてもらえるなら、使いに写させたいとの希望も伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

山田顕義書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山田顕義書簡
山田顕義書簡

山田顕義

山県有朋書簡
山県有朋書簡

山県有朋

井上勝書簡
井上勝書簡

井上勝

木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

青木周蔵書簡
青木周蔵書簡

青木周蔵

ページトップへ