乃木希典書簡 のぎまれすけしょかん

その他の画像全8枚中8枚表示

文書・書籍 / 明治 / 東京都 

乃木希典 (1849~1912)
のぎまれすけ
東京都
明治34年12月20日/1901年
紙本・墨書・巻子
本紙縦17.5、横158.8(cm)
1巻
山口県萩市大字堀内355番地
杉家寄贈
萩博物館

乃木希典が赤十字病院に入院中に杉民治(吉田松陰の実兄)へ送った書簡。玉木正之(文之進)が無事帰京したので安心するようにと伝えている。正之は玉木正韞(文之進、松陰の叔父)の養子正誼の子で、乃木の甥にあたり、正之も文之進と称した。なおこの書簡では、帰京後、華族会館で乗馬中に馬が倒れて肋骨を折ったが、もうすぐ退院できそうだとも伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

乃木希典書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山県有朋書簡
山県有朋書簡

山県有朋

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

井上勝書簡
井上勝書簡

井上勝

青木周蔵書簡
青木周蔵書簡

青木周蔵

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

ページトップへ