高杉晋作書簡 たかすぎしんさくしょかん

その他の画像全4枚中4枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 山口県 

高杉晋作 (1839~1867)
たかすぎしんさく
山口県
元治元年7月頃/1864年
紙本・墨書・巻子
本紙縦16.0、横119.0(cm)
1巻
山口県萩市大字堀内355番地
杉家寄贈
萩博物館

高杉晋作が生家の座敷牢に謹慎中に吉田松陰の実兄杉梅太郎(のちの民治)に送ったものと考えられる書簡。高杉は「西海一狂生 東行」と署名している。高杉は元治元年(1864)7月に京都で起きた禁門の変のことを知り、親友の久坂玄瑞がそのさいに戦死したという噂も聞いて、「毎夜秋湖兄(玄瑞の号)を夢に見候」と不安な心情をつづっている。

作品所在地の地図

関連リンク

高杉晋作書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高杉晋作・久坂玄瑞詩書扇面張交
高杉晋作・久坂玄瑞詩書扇面張交

高杉晋作、久坂玄瑞

高杉晋作書簡
高杉晋作書簡

高杉晋作

山県有朋書簡
山県有朋書簡

山県有朋

教導立志基 高杉晋作
高杉晋作肖像画
ページトップへ