前原一誠書簡 まえばらいっせいしょかん

文書・書籍 / 江戸 / 山口県 

前原一誠 (1834~1876)
まえばらいっせい
山口県
安政5年12月8日/1858年
紙本・墨書・掛幅
本紙縦17.5、横49.8(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
杉家寄贈
萩博物館蔵

前原一誠が師の吉田松陰に送った書簡。この当時、前原は佐世八十郎と称していた。安政5年(1858)、松陰は幕府の日米条約無勅許調印に憤慨し、老中暗殺を計画する。一方、周布政之助ら藩政府はそれを封ずるため、同年12月5日、松陰の再投獄を決定した。このため、前原・吉田稔麿・入江九一ら8人の塾生が周布らの邸宅に抗議に押しかけたが、6日、全員謹慎に処された。前原はこの書簡で松陰に対し、久坂玄瑞から不尽力を責められたことに対し、「実に面目なく汗顔の至りに候えども、時宜を得、一死をもって答え申し候」と述べる。

作品所在地の地図

関連リンク

前原一誠書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉田稔麿書簡
吉田稔麿書簡

吉田稔麿

前原一誠詩書
前原一誠詩書

前原一誠

久坂玄瑞書簡
久坂玄瑞書簡

久坂玄瑞

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

ページトップへ