高杉晋作・久坂玄瑞詩書扇面張交 たかすぎしんさく・くさかげんずいししょせんめんはりまぜ

 / 江戸 / 山口県 

高杉晋作、久坂玄瑞 (1839~1867(高杉))
たかすぎしんさく、くさかげんずい
山口県
文久3年~元治元年/1863~1864年
紙本・墨書・掛幅
本紙各縦127.4、横28.7(cm)
1幅(2点張交)
山口県萩市大字堀内355番地
山根家寄贈(山根正次コレクション)
萩博物館

松下村塾の「双璧」と称される高杉晋作・久坂玄瑞がそれぞれ揮毫した扇面を張り交ぜたもの。上段は高杉晋作が萩松本村に隠棲中の文久3年(1863)4月18日に作った漢詩を認めた扇面。これまで東奔西走したが、故郷に帰り静かに春秋が過ぎるという感慨を詠んだものである。下段は久坂玄瑞が元治元年(1864)3月、京都からいったん山口に帰る際に認めた扇面。いまだ藩主の冤罪を雪ぎきれない心情を詠んだものである。

作品所在地の地図

関連リンク

高杉晋作・久坂玄瑞詩書扇面張交チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高杉晋作書簡
高杉晋作書簡

高杉晋作

高杉晋作書簡
高杉晋作書簡

高杉晋作

久坂玄瑞書簡
久坂玄瑞書簡

久坂玄瑞

高杉晋作肖像画
教導立志基 高杉晋作
ページトップへ