文化遺産オンライン

伊藤博文五字書

いとうひろぶみごじしょ

作品概要

伊藤博文五字書

いとうひろぶみごじしょ

/ 明治 / 日本

伊藤博文  (1841~1909)

いとうひろぶみ

明治時代

絹本・墨書・額

本紙縦32.3、横92.0(cm)

1面

山口県萩市大字堀内355番地

上野家寄贈

萩博物館

伊藤博文が揮毫した扁額。作成年代は不明だが、「風来門自開」(「風来たりて門おのずから開く」)と記されている。伊藤は幼少期から書に優れ、13歳の嘉永6年(1853)に入門した萩松本村(萩市椿東)の久保五郎左衛門の塾では「塾中第一」と称された。席書(塾中の書道展)の際にはいつも優等の褒美を授けられ、師の久保から「伊文成」の名称を与えられたという。なお、落款にある伊藤の号「春畝」は、通称の俊輔(春輔)、名の博文とともに高杉晋作が考えたもので、「俊輔」の音読み「しゅんぽ」から転じたものとされる。

伊藤博文五字書をもっと見る

伊藤博文をもっと見る

萩博物館をもっと見る

キーワード

博文 / 伊藤 / 高杉 /

関連作品

チェックした関連作品の検索