伊藤博文四字書 いとうひろぶみよじしょ

 / 明治 / 神奈川県 

伊藤博文 (1841~1909)
いとうひろぶみ
神奈川県
明治23年6月/1890年
絹本・墨書・掛幅
本紙縦34.9、横36.8(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
杉家寄贈
萩博物館

吉田松陰の実兄杉民治(梅太郎)のために別邸の滄浪閣で書した茶掛け幅。落款に「春畝」(しゅんぽ)とあるのは伊藤の号。「桜花茶室」とあり、茶を愛した杉によく適した内容となっている。伊藤は明治22年(1889)小田原緑町(神奈川県小田原市)に、明治憲法を起草した夏島(横須賀市)の別邸を移して父十蔵の居邸とする。翌23年には小田原十字町に自分の別邸を設けて「滄浪閣」と名付け、自ら「滄浪閣主人」とも号した。同29年、梅子夫人の療養を考慮し、滄浪閣を大磯(神奈川県大磯町)へ移している。

作品所在地の地図

関連リンク

伊藤博文四字書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊藤博文五字書
伊藤博文五字書

伊藤博文

明治初年松下村塾附近平面図
山鹿流兵学伝授書
山県有朋書簡
山県有朋書簡

山県有朋

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

ページトップへ