明治初年松下村塾附近平面図 めいじしょねんしょうかそんじゅくふきんへいめんず

絵図・地図 / 明治 / 山口県 

山口県
明治19年/1887年
紙本・着色・掛幅
本紙縦55.7、横88.2(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

吉田松陰の松下村塾とその周辺地区を描いた略図。中央やや右寄りに、松下村塾の八畳の講義室及び十畳半の建て増し部分が描かれる。北を月見川が流れ、東隣には杉家、図面左下には塾生の松浦松洞の旧宅が見える。明治19年の土地調査のさいに作成された図とはいえ、このころはまだ松陰の実兄杉民治が塾を主宰していた。道路事情など激変した今、幕末当時をしのぶこともできる珍しい資料といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

明治初年松下村塾附近平面図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉田松陰先生絵伝
梅図
梅図

松浦松洞

吉田稔麿書簡
吉田稔麿書簡

吉田稔麿

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

仮名挿入皇朝名臣伝
仮名挿入皇朝名臣伝

中澤寛一郎

ページトップへ