梅図 うめず

日本画 / 江戸 

松浦松洞 (1837~1862)
まつうらしょうどう
江戸時代
紙本・墨画・掛幅
本紙各縦127.4、横28.7(cm)
双幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

画家で松下村塾にも学んだ松浦松洞の梅図。松浦は、萩の羽様西崕や京都の小田海僊に絵画を学び、中国伝来の詩画一致の境地を探るため、21歳の安政3年(1856)松下村塾に入門した。のちに旅に出て絵画を修業するが、尊王攘夷運動に参加し、公武合体論を主張する長井雅楽の暗殺計画に失敗後、京都で自刃した。

作品所在地の地図

関連リンク

梅図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明治初年松下村塾附近平面図
長井雅楽肖像画
長井雅楽肖像画

橋爪堆恩

高杉晋作肖像画
吉田稔麿書簡
吉田稔麿書簡

吉田稔麿

七卿落図
七卿落図

沢宣嘉

ページトップへ