文化遺産オンライン

井上勝書簡

いのうえまさるしょかん

作品概要

井上勝書簡

いのうえまさるしょかん

文書・書籍 / 明治 / 東京都

井上勝  (1843~1910)

いのうえまさる

東京都

明治32年9月10日/1899年

紙本・墨書・捲り

縦17.6、横155.5(cm)

1通

山口県萩市大字堀内355番地

杉家寄贈

萩博物館

井上勝が明治32年(1899)9月、東京から萩の杉民治に送った書簡。勝は、杉民治から送られた手紙を読み、久しぶりに帰省しながらも面会せず帰京したことを叱責されたため、詫びを述べる。その一方、萩では東光寺(毛利家菩提寺)にある実兄冷泉五郎の墓へ参り、しばらく涙を流したとも伝えている。自分を指して「鬼の目にも涙とやら」と表現するなど、喜怒哀楽の激しい人柄がうかがえる。

井上勝書簡をもっと見る

井上勝をもっと見る

萩博物館をもっと見る

キーワード

書簡 / / 民治 / 送る

関連作品

チェックした関連作品の検索