山田顕義書簡 やまだあきよししょかん

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 明治 / 青森県 

山田顕義 (1844~1892)
やまだあきよし
青森県
明治2年2月2日/1869年
紙本・墨書・捲り
縦19.5、横100.5(cm)
1通
山口県萩市大字堀内355番地
奥平家寄贈
萩博物館

青森口陸軍参謀の山田顕義が佐州参謀兼民政方の奥平謙輔に送った書簡。山田はこの手紙を書いた明治2年(1869)2月当時、「市之允」と称していた。青森滞在中の山田は、佐渡へ赴任中の奥平に対し、この年の春に予定される箱館(函館)の攻略戦に向けて東京から青森へ軍艦が回航される予定だが、石炭が不足しているので、佐渡から「石炭三十八万斤」ほどを送ってもらえないかと依頼している。

作品所在地の地図

関連リンク

山田顕義書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山田顕義書簡
山田顕義書簡

山田顕義

山田顕義菊花紋官軍指揮旗由来記
井上勝書簡
井上勝書簡

井上勝

井上勝書簡
井上勝書簡

井上勝

井上勝書簡
井上勝書簡

井上勝

ページトップへ