長門国阿武郡萩 松平千代熊居城 ながとのくにあぶぐんはぎ まつだいらちよくまきょじょう

絵図・地図 / 江戸 / 山口県 

山口県
慶安5年/1652年
紙本・着色・掛幅
本紙縦149.0、横130.6(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

萩城下町を描いたものとしては現存最古の絵図。萩に滞在していた幕府の国目付斎藤左源太・山田清太夫の所望により、藩士江木二郎右衛門と厚母四郎兵衛が調製し、慶安5年(1652)6月24日に提出された絵図の控えである。萩城の要害・本丸・二の丸の建築物の配置や間数をはじめ、堀の間数・深さ、侍屋敷・町屋敷の配置、城下の主要な道路と行先・里程、川内から川外への渡り箇所と深さ・川幅など、藩にとって軍事機密にかかわる事項が詳細に記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

長門国阿武郡萩 松平千代熊居城チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩市堀内地区
正保肥前国絵図
萩市堀内地区(武家町 山口)
毛利氏時代広島城下町絵図
伊予国今治城図
ページトップへ