正保肥前国絵図 しょうほうひぜんくにえず

その他の画像全4枚中4枚表示

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代/1647年
紙本着色 掛幅装
竪435cm 横496cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

正保元年(1644)、幕府は諸大名に対し、郷帳・城絵図とともに国絵図の製作を命じた。これにより佐賀藩では肥前国絵図を作製し、国絵図は正保4年(1647)に完成した。本図には郡単位、村単位の石高、宿場、主要河川の川幅や水深などの詳細な注記が見られる。また佐賀城下については、慶長国絵図では「城」、元禄国絵図では「佐嘉城」と大書するにとどまるのに対し、本図では城下の主要な道路や堀まで描き込まれている。

作品所在地の地図

関連リンク

正保肥前国絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

元禄肥前国絵図
慶長肥前国絵図
御城分間絵図
領分付肥前国郷帳
正保庄内絵図(庄内3郡絵図)
ページトップへ