肥前国佐賀城覚書 ひぜんのくにさがじょうおぼえがき

その他の画像全5枚中5枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代前期/1647年
紙本墨書 冊子装
竪26.3cm 横18.2cm
1冊
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

初代佐賀藩主・鍋島勝茂が正保4年(1647)に幕府へ提出した佐賀城と城下に関する報告書。本丸・二の丸・三の丸の各郭、石垣、土手、堀など城内各所の長さや、本丸から東の牛嶋大手口迄、北大手の白山口迄、西大手の扇町橋迄の道則など佐賀城と城下に関する詳細な数値が報告されている。

作品所在地の地図

関連リンク

肥前国佐賀城覚書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正保肥前国絵図
御城分間絵図
佐嘉小城内絵図
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

寛永御城并小路町図
ページトップへ