佐嘉小城内絵図 さがしょうじょうないえず

その他の画像全4枚中4枚表示

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

慶長年間/1610年頃
 
竪97cm 横101cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

藩祖鍋島直茂・初代藩主勝茂父子による佐賀城築城と城下町建設当初の慶長期の様子を表した絵図。彩色や、幕末期に佐賀藩政トップの請役を務めた鍋島安房(茂真)の朱字方印が押されている点などから江戸後期の写本と見られる。南東の本丸には天守閣と本丸御殿が見え、その他の区画には重臣の屋敷が立ち並んでいる。佐賀藩では江戸時代を通じ、城下町全体を描いた御城下絵図や、城内のみを描いた図をいくつか作成しているが、いずれも基本的には役所名や居住者名を文字で示すのみである。それに対し本図では建物が立体的に描かれており、往時をイメージする好資料といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

佐嘉小城内絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

元文佐賀城廻之絵図
慶長御積絵図
鍋島更紗花篭図掛軸
正保肥前国絵図
佐賀城御本丸差図
ページトップへ