鍋島更紗花篭図掛軸 なべしまさらさはなかごずかけじく

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  染織 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

明治時代
木綿 木版摺・色染め 
(表装)全長183.5cm 全幅53.5cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

一見すると花籠が描かれた掛軸としか見えないが、一枚の木綿布に表装部分も含めて染め分けられた作品。更紗は木綿にさまざまな模様を種々の色で染めたもので、佐賀藩からの注文品として佐賀城下で製作された更紗を「鍋島更紗」と呼ぶ。鍋島更紗の端緒は慶長年間、藩祖鍋島直茂が朝鮮出兵から帰国した際に連れてきた九山道清(?~1647)という高麗人が携えてきた、とされる。その技術は代々口伝で伝承されてきた。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島更紗花篭図掛軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐嘉小城内絵図
鍋島緞通 蔓牡丹紋 縁二重雷紋
徴古館開館式式辞
鍋島直正公御実歴一百図
鍋島緞通 蔓牡丹文 七宝地 縁二重雷文
ページトップへ