紺紙白字詩書屏風 こんしはくじじしょびょうぶ

その他の画像全3枚中3枚表示

その他の美術   / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

洪 浩然
こうこうぜん
江戸時代/16世紀末~17世紀
紺紙白字 六曲屏風装
(各扇)竪53.0cm 横131.0cm
1双
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

洪浩然(こうこうぜん)は号を雲海、一名「こぶ浩然」。豊臣秀吉の朝鮮出兵、文禄2年(1593)晋州城攻めの際、大筆を肩にかけて穴に隠れていた童子を見つけ、鍋島直茂公帰朝の時佐賀へ召連れられ、直茂・勝茂の側近くに使えたのが洪 浩然。成長して京都五山へ遊学し、学者として書家として名を成した。年老いて勝茂公より一時は帰国の願いも許されたが、唐津境で呼び戻され、朝鮮への帰国は叶わなかった。その後、明暦3年(1657)勝茂公の死に伴い、‘忍’の一字を家族に遺し殉死を遂げた(76才)。墓は佐賀市北川副町木原の阿弥陀寺。

作品所在地の地図

関連リンク

紺紙白字詩書屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝茂公其外様短冊
勝茂公其外様短冊

初代佐賀藩主鍋島勝茂ら

豊臣秀吉朱印状(慶長役陣立て)
洪家伝来洪浩然関係資料(附)その他洪家伝来資料
榊原職直宛て鍋島直澄書状
鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状
ページトップへ