尼子軍記石州津和野合戦 あまこぐんきせきしゅうつわのかっせん

絵図・地図 / 江戸 

慶応2年/1866年
木版刷
縦35.1、横50.3(cm)
1枚
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州戦争(四境戦争)のうち石州口の戦いを描いた瓦版。石州口の戦いは、長州軍の全体的な作戦を立てた大村益次郎自身が戦闘を指揮した。長州軍は、中立の立場をとった津和野藩領を難なく通過し、慶応2年6月16日、益田において浜田藩(松平家)と戦闘を開始する。さらに、福山藩(阿部家)・因州鳥取藩(池田家)・松江藩(松平家)などからなる征長軍と激戦になり、勝利する。7月18日、浜田藩主は自ら城に火をつけ脱走したため、長州軍は幕府直轄領の大森まで侵攻して石見銀山を奪い、石見国一帯に占領政策をしいた。

作品所在地の地図

関連リンク

尼子軍記石州津和野合戦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

周防大嶋郡大合戦
御出陣
九州小倉合戦図
振武隊石州口占領地標識旗
奥州会津辺大合戦
ページトップへ