薩州鹿児嶋大進撃之図 さっしゅうかごしまだいしんげきのず

木版画 / 明治 / 東京都 

山崎年信 (1857~1886)
やまざきとしのぶ
東京都
明治10年/1877年
大判錦絵
縦35.2、横71.0(cm)
3枚続
山口県萩市大字堀内355番地
田中家寄贈(田中助一コレクション)
萩博物館

西南戦争で戦う政府・西郷両軍を描いた錦絵。西郷隆盛は、政府側の挑発にのった鹿児島の不平士族に担がれ、明治10年(1877)2月15日に挙兵する。西郷軍が熊本県に侵入したとの情報を受けた政府では、19日に征討令を発し、有栖川宮熾仁親王を征討総督、山県有朋・川村純義を参軍に任じ、征討軍を組織した。西郷軍は熊本鎮台が置かれた熊本城を攻撃し、3月には南下する政府軍と田原坂で激戦するが、4月以降は守勢に転じる。以後は、政府軍が西郷軍を各地で圧倒し、西南戦争は9月24日の西郷自刃によって幕を閉じた。

作品所在地の地図

関連リンク

薩州鹿児嶋大進撃之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西郷隆盛首実検之図
萩一戦録
萩一戦録

早川松山

明治小史年間紀事 兇賊暴動萩大戦之図
文武伝 前原一角
文武伝 前原一角

鈴木年基

西南戦争遺跡
ページトップへ