萩の乱刑死者追悼詩書木額 はぎのらんけいししゃついとうししょもくがく

その他 / 昭和以降 / 山口県 

岩村通世 (1883~1965)
いわむらみちよ
山口県
昭和15年4月10日/1940年
木彫
高さ152.0、幅41.5(cm)
1面
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

萩の乱刑死者の追悼詩を刻んだ木額。明治9年(1876)12月3日、首謀者前原一誠をはじめ、奥平健輔・佐世一清・横山俊彦・山田頴太郎・有福旬允・小倉信一・河野義一の8名が斬首され、48名が懲役に処された。この木額は、萩臨時裁判所で審議にあたった判事岩村通俊が作った詩を、その子通世が彫り込んだもので、昭和15年(1940)4月10日、同裁判所が置かれた萩別院(もと准円寺)に奉納された。

作品所在地の地図

関連リンク

萩の乱刑死者追悼詩書木額チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明治小史年間紀事 宇龍港ニテ賊魁捕縛之図
明治小史年間紀事 兇賊暴動萩大戦之図
前原一誠書簡
前原一誠書簡

前原一誠

前原一誠檄文草稿
東京日々新聞 山口県下賊徒追討図
ページトップへ