木戸孝允手習 きどたかよしてならい

 / 江戸 / 山口県 

木戸孝允 (1833~1877)
きどたかよし
山口県
天保10~11年/1839~1840年
紙本・墨書・掛幅
本紙縦26.0、横42.8(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
木戸孝允旧宅襖下張り文書
萩博物館

木戸孝允(桂小五郎)が推定7歳ごろ手習いとして「今日」と書したもの。右上に「花丸印」が押され、右下には師匠が朱で「以之外宜」(もってのほかよろし)と書き入れている。左下に「和田小五郎」と署名しているのは、彼が藩医和田昌景の子として生まれたことによる。のちに藩士桂家に養子に入ったことにより、志士時代の「桂小五郎」という名に変わった。木戸孝允旧宅の襖の下張りから発見された珍しい資料。

作品所在地の地図

関連リンク

木戸孝允手習チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

手塚律蔵書簡
手塚律蔵書簡

手塚律蔵

斎藤弥九郎書簡
斎藤弥九郎書簡

斎藤弥九郎

木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

教導立志基 木戸孝允夫人松子
ページトップへ