母子〈上村松園筆/絹本著色〉 ぼし〈うえむらしょうえんひつ/けんぽんちゃくしょく〉

日本画 / 昭和以降 / 関東 

上村松園
東京都
近代/1934
絹本著色 額装
縦168.0センチメートル 横115.5センチメートル
1面
東京都千代田区北の丸公園3-1
重文指定年月日:20110627
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立美術館
国宝・重要文化財(美術品)

 上村松園(一八七五~一九四九)は、京都府画学校の北宗(四条派)に学び、次いで鈴木松年、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、浮世絵や風俗画、江戸後期京都画壇などの古画を研究して、豊かな感情表現を伴いつつも格調高い独自の美人画様式を確立した。
 本図は昭和九年十月の第十五回帝国美術院展覧会出品作で、班竹の簾を背景に、眉を剃りお歯黒をした女性が幼児を抱き上げ慈しむような視線を向ける様子を、ほぼ等身大に描く。明治期京都の町家の婦人の姿であり、幼児の無垢で純真な性質と、美しくも安心感のある母親の頼もしさを表現する。
 全体に明るくやわらかい賦彩を行い、髪や帯に黒色を配することで明暗の対照を作る。着衣の縞模様などを引く堅実で無駄のない描線や、簾の描写に見る極細密な表現などには松園の技量の高さをうかがう。画面左側は余白とするが、簾によって遮られた背景の奥行きを暗示させる画面構成である。
 本図制作の契機には、かけがえのない理解者であり支えであった母仲子がこの年二月に亡くなったことが大きく、眉を剃った女性であることからも母への追慕という私的な事情が造形化されたものといえる。しかし一方でこのころの松園は当時の帝展について、特にその出品作の彩色法などに対する批判を繰り返し、また同じく当世風俗についても急激な西洋化により古き良きものが失われていくことに懸念を表明している。本図はしばらく不出品であった帝展に久しぶりに発表したもので、これは当時の帝展出品作の傾向への批判として、さらには当世風俗に関する批評として、松園なりの応えを提示したものと位置づけられる。
 松園は生…

作品所在地の地図

関連リンク

母子〈上村松園筆/絹本著色〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

母子
母子

上村松園

序の舞〈上村松園筆/絹本著色〉
静

上村松園

春宵
春宵

上村松園

三遊亭円朝像(鏑木清方筆/絹本著色)
ページトップへ