尾張国分寺跡 おわりこくぶんじあと

その他の画像全4枚中4枚表示

社寺跡又は旧境内 / 飛鳥  奈良  平安 / 中部 

愛知県
愛知県稲沢市
指定年月日:20120124
管理団体名:稲沢市(平25・1・30)
史跡名勝天然記念物

 尾張国分寺跡は,愛知県西部,稲沢市矢合町(やわせちょう)に所在し,三宅(みやけ)川左岸の標高3.0~3.8mの自然堤防上に立地する古代寺院跡である。
 14次に及ぶ発掘調査の結果,金堂,塔,講堂,回廊などの遺構が確認され,金堂,講堂,南門(なんもん)が一直線に並び,塔を回廊の東側に置く伽藍配置を採ることなど,伽藍(がらん)中枢部の規模がほぼ判明した。
 『続日本紀(しょくにほんぎ)』によると,尾張国分寺は天平勝宝(てんぴょうしょうほう)元年(749)には,少なくとも着工されており,宝亀(ほうき)6年(775)には,暴風雨により罹災,『日本紀略』元慶(がんぎょう)8年(884)に火災により焼損したことを受けて,愛智郡(あいちぐん)定額寺願興寺(じょうがくじがんごうじ)を国分金光明寺(こくぶんこんこうみょうじ)とするという勅令が出されている。
 尾張国分寺跡は伽藍中枢部及び寺域の範囲が判明し,特に金堂・塔などの遺構の残存状況は良好である。また,『続日本紀』などの史料の記載と発掘調査の成果が合致するなど,その変遷(へんせん)を考古学・文献史学の双方から知ることができる。国分寺造営の実態や,古代尾張国(おわりのくに)の政治情勢を示す上でも貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

尾張国分寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下総国分寺跡<BR/> 附北下瓦窯跡
鳥坂寺跡
日向国分寺跡
美濃国分寺跡
能登国分寺跡<BR/> 附 建物群跡
ページトップへ