下総国分寺跡
 附北下瓦窯跡
しもふさこくぶんじあと
 つけたりきたしたかわらがまあと

その他の画像全3枚中3枚表示

社寺跡又は旧境内 / 関東 

千葉県
市川市国分
指定年月日:19671227
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

西北から東南にのびる台地の南端に位置する現国分寺境内を中心とする地につくられた国分寺跡である。昭和41年に実施された発掘調査によって、創建時の塔・金堂・講堂の基壇が発見され、伽藍中枢部の規模と配置が明らかになった。その配置は、現国分寺本堂下に位置する金堂跡が、西方約49メートルにある塔跡と並び、講堂跡は塔・金堂の北約33メートルにあり、いわゆる法隆寺式伽藍配置に類する。

作品所在地の地図

関連リンク

下総国分寺跡
 附北下瓦窯跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下総国分尼寺跡
美濃国分寺跡
若狭国分寺跡
尾張国分寺跡
上総国分寺跡
ページトップへ