梵鐘撞座原型 ぼんしょうつきざげんけい

金工 / 富山県 

富山県高岡市
【1】縦7.7cm×横9.2cm×厚さ2.5cm
【2】縦7.2cm×横6.9cm×厚さ0.6cm
2
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 梵鐘の撞座(撞木を当てて音を出す部分)の押型である。
 2点ともに陽刻であり、【1】には山型の木に左右対称の模様が彫られており、【2】には家紋(西六條藤)が彫られベニヤ板に貼られている。

作品所在地の地図

関連リンク

梵鐘撞座原型チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梵鐘龍頭木型
京名所文鋳銅火鉢 焼型鋳造用模型原型
京名所文鋳銅火鉢 焼型鋳造用模型原型

作:津幡双寿,図案:中野双山

高岡博協賛会バックル
高岡博協賛会バックル

原型:須賀木仙

高岡売薬版木
高岡平和の鐘 梵鐘拓本
ページトップへ