浄真寺の二十五菩薩練供養 じょうしんじのにじゅうごぼさつねりくよう

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選定年月日:20150302
保護団体名:浄真寺二十五菩薩来迎会保存会
備考:公開日:3年ごとの8月16日(選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 浄真寺の二十五菩薩練供養は、仏菩薩【ぶつぼさつ】の面をかぶって練り歩き、仏菩薩が来迎【らいごう】する様子を現す民俗芸能で、3年毎に浄真寺で行われている。同類の当麻寺【たいまでら】二十五菩薩来迎会【らいごうえ】に代表される中将姫【ちゅうじょうひめ】の木像が登場するものとは異なるもので、関東唯一の事例であり、来迎【らいごう】、往相【おうそう】のほか還相【げんそう】が行われるという特徴を有しているなど、地域的特色が顕著であり,芸能の変遷の過程を示していて貴重である。
 本件は、東京都世田谷区奥沢の浄真寺で行われる二十五菩薩練供養で、二十五菩薩来迎会【らいこうえ】、またはお面【めん】かぶりとも呼ばれる。念仏行者の臨終に阿弥陀如来が菩薩を従えて西方【さいほう】浄土から来迎【らいごう】する様子を演じるものである。
 西向きの本堂から正面の上品堂【じょうぼんどう】へ臨時に橋を架け、上品堂から本堂に仏菩薩が練り歩く来迎、仏菩薩が開山【かいざん】珂碩上人【かせきしょうにん】の木像【もくぞう】を連れ帰る往相、往生【おうじょう】した木像の上人が衆生【しゅじょう】を救うために再びこの世に戻る還相が行われる。
(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

浄真寺の二十五菩薩練供養チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図
阿弥陀二十五菩薩来迎図
跡部の踊り念仏
跡部の踊念仏
鬼来迎
ページトップへ