行道面 菩薩 ギョウドウメン ボサツ

彫刻 

縦:18.5cm 横:19cm 厚:10.3cm
1面

行道とは寺院での儀礼に際して、境内などを練り歩くもの。浄土信仰の隆盛とともにさかんとなった来迎会(らいごうえ)では、阿弥陀と二十五菩薩の面をつけて、浄土からの来迎の場面を演じることもおこなわれた。本面は、桐かとみられる一材から彫出されている。理知的な表情、起伏ある頬の造形など、鎌倉時代後期から南北朝の仏像の特徴とも共通する。

作品所在地の地図

関連リンク

行道面 菩薩チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀二十五菩薩来迎図
千手観音像
浄真寺の二十五菩薩練供養
絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図
地蔵菩薩像
ページトップへ