紺糸威桶側二枚胴具足 こんいとおどしおけがわにまいどうぐそく

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

加藤泰興所用
江戸時代/寛永14(1637)年
1領
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
如法寺(愛媛県歴史文化博物館寄託)
大洲市指定文化財(工芸品)

兜は鵜の羽毛を植え込んだ長烏帽子形兜、胴は伊予札を紺糸で威した桶側胴で、前立挙三段、後立挙四段、衝胴五段、草摺は七間五段下りである。さらに、錆色面頬に四枚下りの垂を付けた頬当、手甲に家紋の蛇目紋と唐草文を銀で象嵌した篠籠手、板佩盾、筒脛当などを備えている。陣羽織も鵜の羽毛を植え込んだ珍しいもので、兜と同時期の製作と思われる。大洲藩2代藩主加藤泰興の所用品で、付属文書には寛永14年(1637)に島原の乱が起こった際、出陣の用意に拵えたものであることが記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

紺糸威桶側二枚胴具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤糸威胸白二枚胴具足
赤糸威胸白二枚胴具足

加藤泰恒所用

黒漆塗胸熏韋綴桶側二枚胴具足
五枚胴具足(韋糸威二枚胴具足、伊予札桶側菱綴胴胸取具足)
紋柄威五枚胴具足/銀箔押帽子形兜
三好家の甲冑
ページトップへ