南紀男山焼 染付琴浦戯鴎図大皿 なんきおとこやまやき そめつけことのうらぎおうずおおざら

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
陶磁器
口径39.2cm,高さ8.7cm
1枚

 南紀男山焼製の大皿で、「和歌浦八景」の一つである「琴浦戯入」をモチーフとした作品である。中央に和歌浦湾に付き出した毛見崎の南東に位置する琴浦を描き、その上に空を群舞する入を表現する。右奥に見えるのは、黒江(現・海南市)の町並みであろう。外周には、波濤文をめぐらす。側面には、50と同様に、桃の果実・霊芝・蝙蝠が描かれ、また底面の高台中央に、「南紀男山」(行書体)の染付銘がある。

作品所在地の地図

関連リンク

南紀男山焼 染付琴浦戯鴎図大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南紀男山焼 染付名草晩潮図大皿
南紀男山焼 染付八ツ藤紋火鉢
南紀男山焼 染付桃図手付鉢
南紀男山焼 染付玉津春暁図花生
南紀高松焼 染付高松茶屋根上松図花生
ページトップへ