Large Lobed Dish with Chikubu Island

Details

Large Lobed Dish with Chikubu Island

ceramics / Edo

Imari ware

Edo period, 18th century

陶磁

高5.5 径35.0 高台径20.7

1枚

竹生島(ちくぶじま)は琵琶湖(びわこ)北部に位置する古くからの神仏の聖地。島を描いた謡曲(ようきょく)「竹生島」を題材として、中央に湖に浮かぶ島、手前に釣り船が染付(そめつけ)で描かれる。謡(うたい)の一節に登場する波を走る兎は、外周に五羽をレリーフ状にあらわし、異なる技法で物語の世界を表現している。

Related Works

Search items related to work chosen