Dish, Camellia and spray design in underglaze blue

Details

Dish, Camellia and spray design in underglaze blue

ceramics / Edo

Imari ware

Edo period, 18th century

磁器

高6.2 径31.0 高台径18.0

1枚

銘文:「福」染付銘

冬を彩る数少ない花である紅白の椿をあらわしたものであろう。地の部分は吹墨(ふきずみ)、すなわち文様の部分を型紙でマスキングし、コバルト顔料を吹き付ける技法がとられている。陽光を受けてきらきらと輝く葉の中に咲く椿の花のイメージを表現したのかもしれない。

Related Works

Search items related to work chosen