染付松鶴図大皿

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 江戸 

伊万里、 「太明成化年製」銘
江戸時代・19世紀
1枚

江戸後期に流行した染付の大皿は大胆な図柄に魅力がある。この大皿では周囲の三方を白く残して雲文とし、そこに吉祥の鳥である二羽の鶴を描く。その背景となっているのはこれまた吉祥の植物の代表である松。瑞雲と松と鶴、これはいかにもおめでたい。

作品所在地の地図

関連リンク

染付松鶴図大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付東海道五十三次図大皿
染付菊籬図大皿
染付松に鷲図輪花大皿
染付雲龍図菊形皿
染付網目文大皿
ページトップへ