文化遺産オンライン

染付松に鶴図輪花大皿

そめつけまつにつるずりんかおおざら

概要

染付松に鶴図輪花大皿

そめつけまつにつるずりんかおおざら

陶磁 / 江戸

伊万里

江戸時代・19世紀

高5.5 径33.5 高台径18.6

1枚

銘文:「太明成化年製」染付銘

江戸後期に流行した染付の大皿は大胆な図柄に魅力がある。この大皿では周囲の三方を白く残して雲文とし、そこに吉祥の鳥である二羽の鶴を描く。その背景となっているのはこれまた吉祥の植物の代表である松。瑞雲と松と鶴、これはいかにもおめでたい。

染付松に鶴図輪花大皿をもっと見る

伊万里をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

染付る / 大皿 / 明成 / そめつける

関連作品

チェックした関連作品の検索