染付蜃気楼図稜花大皿 そめつけしんきろうずりょうかおおざら

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・19世紀
高5.9 径34.5 高台径17.7
1枚

中国では大(おお)蛤(はまぐり)が吐き出す気によって蜃(しん)気(き)楼(ろう)があらわれると考えられていた。蜃とは大蛤のこと。目に見える蜃気楼を染付(そめつけ)で描く一方、大蛤と波は型押しでレリーフ状にあらわされており、不可思議で幻想的な情景を巧みに表現している。

作品所在地の地図

関連リンク

染付蜃気楼図稜花大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付竹生島図輪花大皿
染付扇面楼閣山水図大皿
染付双兎図大皿
染付羊歯文大皿
染付網目文大皿
ページトップへ