Large Dish with Foliate Rim, Mirage design in underglaze blue

Details

Large Dish with Foliate Rim, Mirage design in underglaze blue

ceramics / Edo

Imari ware

Edo period, 19th century

高5.9 径34.5 高台径17.7

1枚

中国では大(おお)蛤(はまぐり)が吐き出す気によって蜃(しん)気(き)楼(ろう)があらわれると考えられていた。蜃とは大蛤のこと。目に見える蜃気楼を染付(そめつけ)で描く一方、大蛤と波は型押しでレリーフ状にあらわされており、不可思議で幻想的な情景を巧みに表現している。

Related Works

Search items related to work chosen