「尼寺 天長九」銘墨書土器 「あまでら てんちょうきゅう」めいぼくしょどき

土器・土製品類 / 平安 / 大分県 

豊後国分寺跡隣接地
平安時代/天長9年(832)頃
土師器
底径9.1㎝
1点
大分市教育委員会

豊後国分寺の寺域外、北西部地域の調査で出土した。この地域では4棟の掘立柱建物と塀一条、土こう4か所がみつかっている(国指定史跡豊後国分寺跡に追加指定)。本資料は土師器の杯の底裏に「尼□ 尼寺 天長九」と書かれている。天長9年(832)と使用年代がはっきりし、かつ豊後国分尼寺の存在を証明する重要な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

「尼寺 天長九」銘墨書土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

「天長九年尼寺」・「尼寺」墨書土器
豊後国分寺七重塔復元模型
鳥坂寺跡
常陸国分尼寺跡
豊後国分寺跡
ページトップへ